大会

柴又100K 2022①事前練習

2022-05-19

 いよいよ今週に迫ってきた。柴又100K。この大会は自分にとっては鬼門の大会だ。初めて参加したウルトラマラソン、それが2018年の柴又100Kだった。その時は暑さにやられて、実質50㎞の段階で勝負は決していた。60㎞からはほぼ歩き通しで、最後の5㎞は意地でなんとか走ったが、制限時間近い13:41:50でフィニッシュ。
 やり切った感じはまるでなく、敗北感で一杯のレースだった。手元に残った完走メダルと参加Tシャツを見る度に、悔しさがこみあげてくるので、それらはメルカリで売り払った。そんな敗北感が染み付いたTシャツを欲しがる人がいるとは不思議だったが、敗北感はどうやら目には見えないようだった。

 リベンジを誓ってエントリーした2020年の大会はコロナで中止。
 どうせ中止になるだろうと高を括っていた2021年大会はまさかの開催。裏目裏目でついに迎えた2022年の柴又100Kというわけだ。

 今年に入って走った距離は月ごとに以下の通り。

走行距離  
2022年1月 268.4㎞ ハイテクハーフで自己ベスト
2022年2月 302.7㎞  
2022年3月 202.7㎞ 3月6日の東京マラソンで初サブ3
2022年4月 315.3㎞  

 5月に入ってからは50㎞走を2回実施。

5月1日(日) 平均ペース 5:24/㎞
5月8日(日) 平均ペース 5:40/㎞

 60㎞までは何とか、5:30/㎞のペースで行くイメージはついたが、問題は残り40㎞。
一応、自分なりにやれることはやったと言い聞かせながら、今朝も15.9㎞のジョグ。果たして、結果や如何に。

  • この記事を書いた人

キタガワ

1976年生まれ。
東京マラソンにあこがれて走り始めた典型的ランナー。
ロード、トレイル問わず、ランニングをこよなく愛する。
好きが高じて、ランニングカルチャーを広めるべく、情報発信も開始。

【PB】
ハーフマラソン
2022年2月 ハイテクハーフ
1:22:14
フルマラソン
2022年3月 東京マラソン
2:58:31
ウルトラマラソン
2022年5月 柴又100K
9:46:10
100マイル
2019年9月 信越五岳
26:29:48

-大会
-,