ランニングコース

隅田川テラス~大島川水門橋(隅田川テラス連続化事業)

大島川水門橋について(墨田川テラス連続化事業概要) 

 江東区民にとって、隅田川テラスはランニングコースとしてはうってつけだ。信号もなく、フラット。そして広々と開放感があり、実に気持ちが良い。ただ、ところどころで、支流を超えることができず、隅田川テラスから一旦出て、迂回しなければいけない個所がある。大島川水門も近辺もまさにそのような場所だった。

 これらを整備して、観光に活かそうという計画が東京オリンピック2020開催決定を契機に本格化した。

寸断の隅田川テラス 橋を架け1本に連続化 五輪に向け整備(2018/6/7)
 隅田川沿いに造られた遊歩道「隅田川テラス」について、東京都が水門や支流で途切れている箇所を人道橋でつなぎ、連続化する整備に乗り出したことが6日、分かった。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、平成31年度中の完成を目指す。これまで隅田川から分かれる支流には橋が架けられておらず、テラスが途切れていたため利用者から不便だとの声が出ていた。連続化整備で河口から約10キロの遊歩道が一本でつながり、外国人観光客に人気がある観光名所が遊歩道で結ばれる。

 隅田川テラスは堤防を補強する護岸基礎部分を活用した遊歩道。隅田川(全長23・5キロ)のうち河口から約14キロにわたり整備されている。ただ、支流や水門付近で途切れているため、利用者は堤防を上がり隅田川から離れた一般道の橋を渡る必要があった。

 関係者によると、連続化整備計画では、月島川水門(中央区月島)、大島川水門(江東区永代)、竪川(たてかわ)水門(墨田区両国)に人道橋を新設。支流の神田川、日本橋川については、既存の橋へと続くアプローチを設置し、利便性の向上を図る。住吉水門(中央区佃)、亀島川(中央区新川)、北十間川(墨田区吾妻橋)についても連続化整備を検討し、31年度までの完成を目指す。

 隅田川テラスの一部ではライトアップのほか、京都の川床をイメージしたデッキの整備も進んでいる。

 連続化整備が完成すれば、東京スカイツリーや隅田川の水面を眺めながら浅草や両国などを散策できるようになり、都は新たな観光資源にしたい考えだ。

産経新聞‐The Sankei News

 しかし、それもコロナによるオリンピック延期、縮小開催のあおりを受けて、計画自体がかなり遅延していた。ただ、ようやく連絡橋が開通するということで、現地に行ってみた。

大島川水門橋とルート

 現地へは清澄通り側から越中島公園から入り、隅田川を北上するルートを取った。それまでは行き止まりになっていた部分に真新しいステンレス橋がかけられていた。ここを通ることで、越中島連絡橋を迂回せずに、そのまま隅田川テラスを走り続けることができるようになる。以前は一度越中島公園を出て、大横川を横切る越中島連絡橋を通り、永代公園から再び隅田川テラスに戻る必要があった。新しいルートでは、隅田川テラスを出ることなく、越中島公園から永代橋を目指せるようになった。

以前は赤いラインを通らないといけなかったが、連絡橋が開通したことで、青いラインを通ることが可能となった。
Google Earthより作成
以前は行き止まりになっていた大島川水門橋の入り口部分。
この先に見えてくるのが大島川水門橋。
大島川水門橋を渡る。
大島川水門橋から越中島公園を臨む。
ここを下ると墨田川テラスに戻ることができ、永代橋の下をくぐることができる。
越中島公園の対岸から見る大島川水門橋の全景。

大島川水門橋へのアクセス

  • この記事を書いた人

キタガワ

1976年生まれ。
東京マラソンにあこがれて走り始めた典型的ランナー。
ロード、トレイル問わず、ランニングをこよなく愛する。
好きが高じて、ランニングカルチャーを広めるべく、情報発信も開始。

【PB】
ハーフマラソン
2022年2月 ハイテクハーフ
1:22:14
フルマラソン
2022年3月 東京マラソン
2:58:31
ウルトラマラソン
2022年5月 柴又100K
9:46:10
100マイル
2019年9月 信越五岳
26:29:48

-ランニングコース